ウォーターサーバー 消費電力

ウォーターサーバーの消費電力を抑えるサーバーは?

ウォーターサーバーの消費電力は、少しでも抑えたいですよね。
ウォーターサーバーを始める前に、ポットの電気代と比べるとどちらが安いのか比較する場合が多いです。
ポットの月々の電気代は900円ぐらいで、従来のウォーターサーバーの電気代と比べると少しウォーターサーバーの電気代の方が高いような状況でした。

 

しかし、最近ではウォーターサーバーの消費電力を各ウォーターサーバー業者から発表していて、ポットより電気代を抑えることができるようになっています。しかも、冷たい水も飲めるんですよね。かなりウォーターサーバーを始めやすくなっています。
ウォーターサーバーを始めようと思っても維持費(電気代やメンテナンス代)の価格は抑えたいですよね。

 

ウォーターサーバーの消費電力をカットできるものを紹介します。

 

サーバー名

消費電力 カット分

レンタル料

詳細

アクアクララ

アクアアドバンス

65%

1,620円

詳細

コスモウォーター

らく楽スタイルサーバー

(スマート)

60%

無料

詳細

コスモウォーター

 

らく楽スタイルサーバー

(プレミアム:終了)

40〜50%

無料

詳細

 

消費電力を抑えるウォーターサーバー 「結論」

消費電力を抑えるウォーターサーバーは、アクアクララのアクアアドバンスです。ただ、このサーバーは、レンタル料が発生するので、毎月のトータルコストで見ると安くなるのか微妙なところです。

 

コスモウォーターの「らく楽スタイルサーバー」のスマトーは、レンタル料無料。
電気代は、スマートタイプは、通常使用時は494円。エコボタンを1日に2回使用で436円です。

 

コスモウォーターの従来のサーバーの電気代は、1,218円。
約半分の電気代を節約出来るようになっています。

 

月々の維持費が気になるウォーターサーバー。電気代は、少しでも安いウォーターサーバーの方が続けやすいですよ。